UCハック

生きづらい世の中を生きやすく。難病で大腸を全摘した人がいろいろがんばるブログ。

入院生活

入院に必要なもの!あとから揃えたほうがいいもの。レンタルしたほうがいいもの

入院-必要なもの
今回は前回のつづきになります。
突然の入院に備える!10回以上入院してきた私の入院必須アイテム9選!

入院は突然やってくるもの。
自分大丈夫、そう思われるかもしれませんが、備えておいて損はありません。

前回の記事のものだけでは入院生活はできません。
今回は入院に必要なその他のアイテムたちの紹介です。

入院したあとから揃えられるもの

前回の記事ではこれから入院!というときに必要に持って行くべきものを書かせていただきました。
今回ご紹介するのは、あとから揃えたほうがいいものたちです。

洗面用具

具体的には「歯ブラシ」や「シャンプー&ボディソープ」です。
これはあえて家においてあるものを持っていく必要はありません。
病院の売店で旅行用の歯ブラシセット、シャンプー&ボディーソープセットを購入しましょう。

退院するときには捨てることができるし、余っても量が少ないので無駄にしちゃった感がないです。
入院上級者は退院した時の荷物の量まで考えているのです。

レンタルできるもの

パジャマ

病院によるかもしれませんが、わたしが今までに入院してきた病院ではすべてパジャマなどがレンタルできました。
レンタルできるのであれば、パジャマはレンタルしましょう。

家に何着もパジャマありますか?
なにげにパジャマは前開きでないとダメとか制限があったりするんです。
そうでないと、いざというときにパジャマが脱がせなかったりしますので。

自分のパジャマを持って行ったとして、病院にコインランドリーがあったりしますが、体調が悪いというのに洗濯って大変ですよね。
おまけに荷物になるし。
下着までならバッグの中身を圧迫しないのでいいんですけどね。

レンタルだとつねに洗いたてのパジャマが着られます。
わたしはパジャマはレンタルと決めています。

タオル

これもパジャマと同じ理由です。
洗濯するのが大変、というか面倒なだけですかね。

入院するときには持っていかず、レンタルすることにしています。

あると便利なもの

ある意味ここからが本題です!
入院したばかりのころは体調が悪くてベッドの上で寝たきりです。

しかし、体調が良くなってくると時間を持て余してしまうんですよ。
時間を持て余すと、病院の中ですのでどうしても鬱々した気持ちが襲ってきます。

入院生活において大切なのは、とにかく気を紛らわすことです。
「病は気から」とも言いますよね。
気持ちが落ち込んでしまっては病気の治りも悪いです。

そこで、気を紛らわせるのに大切なアイテムたちが以下のものです。

ノートパソコン

ノートパソコンにたっぷり動画やマンガやゲームを詰め込んで持って行きます。
インターネットにつなげられるよう、モバイルルータなんかあると便利ですね。

最近のわたしならブログを書くためにノートパソコンを持ち込みたいです。
メールなんかも見ることができるので、外部との連絡手段にもなりますね。

携帯ゲーム機(PS Vita)

最近ではスマホのゲームが主流ですが、わたしはあえてPS Vitaのような携帯ゲーム機をおすすめします。
30代のわたしはニンテンドーDSよりPS Vitaですね。
大人向けなゲームが多いですから。

その理由は、1日中ゲームをやっているとスマホだと画面が小さいし、持ちにくいし、電池パック熱くなるしで結構やりづらいんです。
おまけにゲームのボリューム自体も小さいものが多かったり。
やはりここはPS Vitaのようなちゃんとしたゲーム機で、超大作なゲームをやりたいです。

病院の中でゲームをするとなると、本当に時間を持て余していますので1日中ゲームやることになります。
起床が6時で消灯が9時、この起きている時間の間、食事とトイレ以外はずっとゲームやってます。

こうやって没頭していると気持ちも滅入ることがなくなるのでおすすめです。

まとめ

以上が2回にわたって書かせていただいた入院に必要なアイテムたちでした。
人によってはこれ以外にも必要なものがあるかもしれません。
わたしの入院ではこれだけで十分です。

むしろあまり物を持っていくことをおすすめしません。
退院したとき、持ち帰るものが多くて大変になってしまいますからね。

一番いいのは入院しないことです!
避けようがないところはありますが、健康には注意して過ごしましょう。

-入院生活
-, ,